ブログ


沖縄に移住するのに「車なし」でも生活できる?

沖縄移住で必要な車

 

自然に囲まれた暮らしをしたいと沖縄移住を決める人も多いと思いますが、沖縄での生活を存分に謳歌するには車が必須だということを知っていましたか?今までバスや電車で全て解決していた所から移住する方は、特に沖縄での「車なし」生活の現状を知っておくことが大切です。移住してから「こんなはずじゃなかった」とならないように準備しましょう!

この記事を読むための時間:3分

沖縄県の車・交通事情

「車社会」として知られている沖縄では、車が一家に一台あるのは当たり前で、自動車保有率から見ても60%以上の県民が1人1台の車を持っている割合になります。それもそのはず、沖縄には那覇市周辺を走るモノレール以外、鉄道が全く普及していないからです。そのため那覇市から離れた場所に行くには、バスやタクシーを利用するか、レンタカーを借りるしかありません。


人口が密集する那覇市に家があれば、モノレールやバスを上手く使い日常生活は送れますが、中部・北部エリアに住むとなると車は必須アイテムとなります。

沖縄で生活するのに車が無いと不便なこと

車が日常生活の一部となっている沖縄で、車なしで生活するとどのような不便なことがあるのでしょうか?

沖縄で体験できることが減る

せっかく自然に囲まれた生活をしたいと沖縄に移住したのに、車が無くても良い那覇市内で家と会社を行ったり来たりするだけの生活では楽しくないですよね。短期の旅行ではなく沖縄に移住したからこそ体験できることも沢山あるはずです。休日にちょっと足を延ばすだけで、沖縄の透き通る海を見渡せる海岸沿いのドライブを楽しめるなど、車があると行動範囲も体験できることも広がります。

沖縄特有の気候で移動が大変になる

沖縄の年間平均気温は23℃前後で、特に夏の時期は強い日差しが降り注ぐため直射日光を遮るものが何もない徒歩や自転車での移動には限界があります。強い日差しに加えて夏場の沖縄では、突発的に降る激しい雨(スコール)や台風が発生することが多く、そのような悪天候時の移動手段として車があったら助かります。

移動時間が長くなる

車の便利な点は、自分が好きな時にいつでも移動でき、他の交通機関と比べて移動時間が短いところにあります。バスがあるとはいえ、目的地からバス停まで歩かなければいけなかったり、数時間に1本しかバスが通らないバス停もあったりと、バスの運行時間に合わせて自分の予定を立てなければいけません。移動時間を短く抑えるためにも車があると便利です。

沖縄移住時に「車なし」でも最低限準備しておくと良いこと

以上の理由から沖縄で暮らす時は、車があった方が良いということが分かりました。しかし、さまざまな理由から移住してすぐは、車なしで生活したいという場合もあると思います。車は持っていなくてもいざという時にすぐに運転できるよう、最低限の準備をしておくと良いかもしれません。

免許だけは取っておく

免許さえあれば、沖縄で生活しながら車が必要だと思ったタイミングですぐに運転できます。普段は車を使わなくても休日にドライブする時だけレンタカーを借りれば、車を持っていなくても沖縄を回れます。

運転の練習だけはしておく

免許は持っていてもペーパードライバー歴が長く1人で運転をするのが不安な方のために、出張で教習をするサービスもあります。

ドライビングスクール沖縄では、沖縄のスクールで唯一指導員よりも知識・経験が豊富な「検定員」が在籍しています。沖縄での運転に慣れたい、ペーパードライバーを克服したいという方はお気軽にご相談ください。

まとめ

沖縄に移住する際は、どこに住むのかによって車があった方が良いのか無くても生活できるのかが決まります。しかし、沖縄での暮らしを楽しむために車は必要アイテムですので、最低限運転ができるように準備をしておくといざという時に安心ですよ。

プライバシーポリシー  /  特定商取引に基づく表記      Copyright (C) 2019 ドライビングスクール沖縄. All rights Reserved.